Appストアで買ったアプリの会計処理、科目について

絶賛確定申告へ向けて作業中です。

今年はコツコツ帳簿を付けてきたのでそこまで焦ることはないのだが、ちょいちょい「この経費はどの科目にすればいいんだ?」というのが出てくるので備忘録がてらブログに記録しておこうと思う。

 

今日のお題は、Appストアで購入したアプリについて。

調べたところ、ソフトウェアは固定資産に当たるらしい。

で、減価償却すべし。とのこと。

ただし取得価格が10万円未満は消耗品か通信費として処理できる、と。

 

また一つ賢くなった、というか疑問が晴れてスッキリした感。

やはり継続的に使用できるもを購入した場合のボーダーラインは10万円なんですね。

10万円を超えた場合は固定資産として減価償却、10万円未満はその都度経費として処理、と。

 

というわけで、iPadで作業する際に購入したアプリは消耗品として経費計上する事とする。

 

 

…こうやって文章にして残すと自分自身も記憶の定着に良さそうなので、ちょいちょい書いていこう。

そうしよう。

 

スポンサーリンク